副業入門!サラリーマンがネットショップを始めるためには?

ネットショップを始めるためには?

サラリーマンの副業としてのネットショップ、果たして可能なのか?

サラリーマンの方で、ネット副業を始めたい、と考えているネット副業初心者の方も多いのではないでしょうか。最近では、雑誌の記事などを見ていると、副業でオークションんをやり、月30万稼ぐ、といった記事などがあります。しかし、ごく普通のサラリーマンにとって、非常にハードルが高く思われるのが、ネットショップです。そこで、サラリーマンがネットショップで稼ぐために考えなければならないことをご紹介します。

サラリーマンの副業としてのネットショップについて

サラリーマンがネット副業として、ネットショップを始める場合、いくつかの問題点を解決することが必要となります。まず、商品の発送とその送料について考えることが必要です。たとえば、ネットショップの場合、商品が売れた場合には、それらを梱包し、そして発送することが必要となります。しかし、帰宅が夜遅く、家を出るのも朝早い場合、商品を発送するのは、なかなか大変です。コンビニ持込みしかない場合もありますし、梱包は帰宅してからやるとしても、送料も割高となってしまいます。

作業をする暇がない、という場合も、商品が売れてしまってから、お客様を待たせることは避けましょう。このため、ネットショップを行う場合には、受注メールを、携帯に転送するなどをしておきましょう。そして、昼間からしっかりと受注をチェックしておくことが必要なのです。さらに、送料の方は、できるだけ安く済ませることができるようにしましょう。たとえば、メール便を活用できる商品の場合、送料は安くする工夫をしましょう。また、到着が遅くても待ってもらえる場合にも、総量を安く済ませましょう。この場合、楽なのがアマゾンのFBAであるといわれています。

集客ノウハウの確立をすることが必要

ネットショップの店長の方が、集客をどうやって増やすのか、ということに悩んでいます。ネットショップを立ち上げたとしても、最初から稼げるというわけではありません。ほとんどの人が、一生懸命勉強をし、そして売れるサイトというのは、どういったものなのか、ということなどを研究し、そして努力をして、そして集客をしている、というのが現実です。

サラリーマンのうちに、人気ブログを作ったり、あるいは動画を作ってyoutubeで集客する、またSEOの腕を磨くなどをして、集客を確かなものとしましょう。自分が身に着けたノウハウが自分の財産となります。

顧客対応をしっかりとする

ネットショップ運営では、顧客対応は、とても大切であるといえます。まず、領収書をください、というケースや、あるいは決済方法を変えてほしいという要求、また商品に対する要望や質問など、たくさんの要望が、メールや電話で来ます。このため、社内でも就業中にこういったメール、電話には対応しなければならないことがあります。しかし、会社にばれてしまってはまずい場合がありますので、工夫して対応しなければならないのです。

副業がばれないように、理解を求めることが必要となります。ネット副業をしている場合、その副業が会社にばれてしまい、懲戒解雇となってしまう、というのは避けたいですよね。そこで、もしも、ネットショップを始めたい、と考えているのであれば、昼間のご連絡はできません、といったことを書いてしまった方が良いでしょう。もしも、連絡が日中通じなかったとしても、販売している商品が良ければ、お客さんは集まってきます。

ページの作成が重要

もしも、技術系の人間であるという場合、ホームページや画像加工というのは、簡単だと思います。しかし、今は、ホームページを作りさえすれば売れる、というものではありません。今は、たくさんの方がネットショップを始めている時代ですので、ライバルたちに打ち勝てるようなネットショップでないといけません。このためには、ホームページにも、人の目を引く何かが必要となりますし、工夫が必要となります。

さらに、もしもネット副業初心者でネットショップを始めるのならば、商品の写真撮影の方法や、また最低限のホームページ作成のための知識、そしてSEOの基本的な知識などは、勉強していくようにしましょう。

サラリーマンが、インターネットでネット副業をする最大のメリットは、時間となります。つまり、食い扶持に困らないような状態で、時間をたっぷりとかけることができます。もしも、いまの仕事を辞めたい、と考えている方や、早く脱サラをして、独立したい、と考えている方も、サラリーマンの副業をしている間に、ネットショップ運営に必要となる知識、技術を身に着けていきましょう。商品知識、商品、さらに、仕入れルートなどはどんなものがあるのか、ということを知ることが必要ですし、経験がない場合には、これらのことを自分で勉強していくということが、必要となるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ